水回りのリフォーム、総合しての期間と相場と平均は?

トイレリフォームの詳しい期間

トイレのリフォーム期間を規模や内容に分けて解説します。

まず、小規模なリフォームは1~3日程のようです。
洋式便器から別の洋式への変更の場合は半日~1日と、先程取り上げた水回りリフォームのなかでは一番早いようですが、和式から洋式のような大きな便器変更の場合は、2~3日の期間を有するようです。
そして、トイレ室内の壁や床のリフォームの場合は1~2日で完了するそうです。
小規模な工事の場合は、最遅でも3日程が標準ということですね。

次に、配管や内装工時等の大規模なリフォームの場合に有する期間は3~5日はかかるそうです。
ただ、トイレのがアジャスターで設置出来る物がであれば、大きな配管工事は不要なことが多いそうです。
その種類ではない場合は、先程記述した通り、3~5日の時間を有してしまいます。

余談なのですが、リフォーム中のトイレの使用は、業者様が何らかの形で用を足せるようにしてくれるのでご安心ください。

トイレリフォームの詳しい費用

トイレリフォームの価格帯は平均的な価格帯で考えると、20~60万円が目安のようです。
トイレのリフォームではトイレの交換というケースが多く、機器を取り替えたりするだけだと、あまり大きな価格にはならないようです。
便器や便座だけの変更をする場合は、5~10万円。
脱臭や暖房等の機能を取り付ける場合は、スタンダードなもので10~20万円。
自動蓋開閉や全自動洗浄等の、高機能な物を取り付ける場合は20~30万円。
それらを全て掛け合わせて新品のトイレにするという場合には、約50~60万円の費用がかかるというケースが多いようです。
その上で、さらにクロスの張り替えや、床や壁等の内装工事もする場合は、2~6万円以上の価格がプラスされます。

しかし、和式から洋式へと変える工事を行う場合、和式の段差解消のための内装工事があったり、水道管等の下地工事が必要な場合があるため、30~80万円と料金が上がってしまうようです。


Shear!

B!